お絵かきTomo.の まあるい日々。(・_・)ノ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
「デートDVについて」
2008-02-28 Thu 23:24
こんにてゃ!(・_・)ノ

今回、真面目なことを書きます。

怒りに震えているので 感情的になるかもしれません。

できるだけ冷静に 考え、成長した考えにもっていきたいと思います。



「ドメスティック・バイオレンス」・・・家族や配偶者から受ける、肉体的、精神的な暴力のこと。


「デートDV」・・・交際相手から受ける、肉体的、精神的な暴力のこと。



先日 ある番組で この「デートDV」の特集を放映していました。

私が理解できなかったのは まず 暴力をふるうこと です。

どんな 理由があっても いいわけをしようと 暴力は暴力です。



ガンジーは 太古の昔 私たちに何を教えてくれようとしていたのでしょうか。

人間は じつは 非暴力の世界に生きられる生き物なのです。

考えてみましょう。



なぜ 人は暴力をふるうのか。



結論から言いますと 相手を尊重していないから なのです。

お互いに 人間として尊敬しているのならば 暴力など ましてや口汚く罵ることなど できるはずはありません。



もう一つ、 相手を自分の意のままに操りたい(支配したい) という心理があります。

相手を一つの生命体として尊び、尊敬し合える仲ならば、いじめたり暴力をふるったり

相手が傷つくかもしれないと思われることができるはずがありません。

ましてや 怖がらせる ことなどもってのほか。



何も言わず じっと 優しく抱きしめあう (注:「抱き合う」ではない)ことで、愛も自尊心も 守られるはずです。



私が驚いたのは 番組中『あやまれば許してやるべきだ』とのアンケートに実に

女子高校生17.1% 男子高校生においては36.7%という賛同の数字があったことです。

なんとゆうこと。


「暴力をふるっても 謝れば許す」というのです。ありえない。

ドロボウをして 謝ったら許してもらえますか?

人を殺して「すいませんでした」と言えば 許されますか?

イジメをして その人が苦にして自殺しても

謝れば 許すべきなのでしょうか?

もっと深く想像し、考えるべきではありませんか?



人が優しく 落ち着いた 穏やかな くつろぎの空間を 作るのに

暴力は必要ありません。

男尊女卑。

なんという哀しい世界でしょうか。



『デートDV』の特徴に 「愛してるから」という言葉(いいわけ)をつけて 殴る男がいるそうです。


本当の愛とは、そんなものではありません。


自分より弱いもの(女性や子ども、猫や犬など)に対して暴言を吐く、暴力をふるう・・・。

それのどこが「愛している」ことになるのでしょうか。

「しつけ」という いいわけ もいりません。

それは暴力です。

自分を正当化し、加害者は罪の意識すらもちません。



本当に自立して、相手を尊重していくならば、愛するということがどういうことなのか。

大人でも間違うことはある。

間違えば素直に認めて 謝ればいいのです。

「いいわけ」なんか しなくていいのです。

そういう真剣な、真摯な取り組みを、姿勢をみて 子どもは知らない間に まっすぐに伸びていくのだと思います。

「愛しているから」という「いいわけ」で、何をしても許されるものではありません。

「男だから仕方がない」という「いいわけ」もいりません。

そんな風に、言葉ででも暴力をふるう人は 「異性を求めるな」と言いたい。

一人で生きていけばいいのです。

周りが迷惑しますから。



私は 長年にわたって精神的暴力を受けている本人ですから

その苦しみは筆舌に尽くしがたいものがあります。

肉体的暴力を受けて 自尊心を 著しく 傷つけられ ストレス社会で生きる辛さ。



まず そういう暴力にあったなら「信頼できる大人・あるいは連絡機関に」相談すること

と番組では言っていました。

そして大人は 優しく暖かく その人を守るサークルを作ること。

「別れなさい」というだけでは うまくいかないようです。


「愛しているから 殴るのだ」

「愛しているから 束縛するのだ」


断言しますが 違います。



そんなものは愛ではありません。



愛とは相手を尊重すること。

お互いが、尊敬しあうこと。

その中に 真実の「愛」のかたちが、見えてくるのかもしれません。




中には「親から暴力を受けてきたのだから、自分も暴力をふるってしまうのは仕方がない」と思っている人もいるかもしれません。

はたして そうでしょうか?

かしこい人は 自分がされて辛かったことを人にはしません。

かしこい人は、幼少のころ さみしい想いをしたら、

自分の子供にはさみしい想いをさせたくない

と思うはずです。

想像力、考えるチカラの弱さが かなり影響していると思われます。



あるいは「この子は何を言っても言うことを聞かないから」。

どういう理由をつけようが、むやみに叱ったり、暴力をふるう必要はありません。

(生命にかかわること以外は。)

子どもを自分の意のままに操ろう という考えを捨てることです。

人間は十人十色、考え方がすべて違います。

親の定規で 子どもを古い考えに縛ったり、子どもの嘘にもつきあってやれないような 小さな心であっては 子どもの「気持ち」はいつまでたっても救われず、「うそ」が治ることは無いと思います。

大事なのは「うそ」をつくに至った経緯です。




恐怖心や不安感からは、何も生まれないんです。





「愛してる人のこと」について迷うとき、

一駅分、一人で歩いて考えてみましょう。



大きな空の下で 自分ががんばっているように

そのあなたの「愛している人」も、一人でがんばっているのです。



そう 感じれたとき、心は大らかに

かつ正常な「愛」に 人は気付くのではないでしょうか。



晴れ渡った空の下。

できれば とても 暖かい日に。










スポンサーサイト

別窓 | 心理学 psychology | コメント:12 |
<<cattle (牛) | Tomo.の世界 | breast (胸)>>
この記事のコメント
暴力は決して正当化できるものではありません。
どんな理由でも許すべきではないです。


ただ、子どもならまだ更正の余地はあります。
とても純粋なので…。
しかし大人で暴力を振るう場合は、
一生直らないかもしれません…。


暴力を振るう人には二種類いると思っています。
生まれつき暴力的な性格を持った人。
そして、幼い頃ツラい環境にあった人…。

前者はどうにもなりません…。
教育の力だけでは難しいことなので…。
しかし後者はいくらでもどうにでもなります。

両親、そして学校が真剣に子どもと向き合っていれば、
いくらでも更正することができます。

だからそういった苦しい環境で育った子どもを
作らないことが大事だと思います。

そのためには、
望まれない子どもを作らないこと。
全ての子どもに愛を注ぐことが大事なんだと思います。



…ちょっとTomo.さんの記事の内容と
ズレてしまったかもしれません(^_^;)
すいません(>_<)

いずれにしても、
暴力を振るう人はその罪を償わなければなりません。
大人になって暴力を振るう人間は、
その行為で人が傷つくことを知っていながら
平気で暴力を振るう悪です。
そこに愛などありません。

人に与えた傷の重さだけ、
自分も罰を受けるべきだと思います。
2008-02-29 Fri 00:23 | URL | やじゃ #l7H4TccY[ 内容変更] | top↑
自分もその番組たまたま見ました。
同じ番組かはわからないですがv-356
こんな人が世の中にいるのか、と信じられない思いで見てました。
加害者は根本的に愛情の表現の仕方が間違っていると思いましたし、被害者がその間違った愛情の表現(暴力など)を愛情だと思い込んで受け入れてしまうのもまた間違っていると思いました。
他にもいろいろ思いましたが上手く言葉にできませんv-394
なんだか個人的な「感想」になってしまいましたv-393
2008-02-29 Fri 01:41 | URL | 善仁 #-[ 内容変更] | top↑
ぼくも、出先でその番組を、ちょっと見ました。
けっこう、多いらしいですねデートDV.
暴力をふるうこともそうですが、それをすることで
どうなるのか、想像力・思考の展開力
がないひとが増えているんでしょうか?
こうすると相手が傷つくだろう、まわりに迷惑をかけてしまう
いたわり、思いやりの思考が弱いんでしょうね。
自分が一番好きな人が多いからなんでしょうか

難しい問題です。
2008-02-29 Fri 06:48 | URL | そらまめ #-[ 内容変更] | top↑
人との付き合いは生きてる生活の中で
精神的に難しく共同は非常に見透かしいと学者は述べたそう
動物などを見ると自分の子供に対する愛ある
暴力的な行動はあっても憎しみあっての暴力は
しないそうです

子供達が簡単に振るう暴力はTVゲームなどで
ボタンひとつで殺し合いが出来るものとして認識し
己に痛みが伴わない痛み
以前中学生が母親の首を切断しバックに入れて
一晩過ごしたのちに自首したと驚愕したけど
やはり愛情があってもその一瞬でそんなことまでさせる
相手を殴ればその痛みも返ってくるようなことが
ない限りは暴力は絶えないのだろうか

俺も女性には愛する人には暴力は振るわないけれども
世の中暴力は手だけではなく言葉にでも
暴力は潜んでいる
ってマジ目にコメントしてるとサイドにぷちぷちが
目に入り真面目なコメントする気が失せて
しばらくぷちぷちに…は置いといて

暴力ではなくて話し合いで消化できれば
本当の意味で平和になると思う
人間そこを考え議論しなければいけない
イージス艦も『ニホンかニッポンか』も大切なのは大切だけど
話し合わなければいけないのは加害者と被害者
なのだから
それは誰でもなってしまう


愛で人を包み慈しむことができる
世の中であってほしいものですね
2008-02-29 Fri 13:01 | URL | 天国 #-[ 内容変更] | top↑
私が中学校の時に誰かの講演を聞きました
たしかアナウンサーの方だったと思います
その方の言葉は今も忘れられません
「男の子に言いたい
絶対に女性に手を上げてはいけない
自分よりも絶対に弱い女性に手を挙げるという事は
とてもずるい事であり
許されない事
自分よりも弱い相手に暴力を振ってはいけない」
こんな内容でした
これは男だからという話ではないですね
自分よりも弱い子供に対しても同じこと
もっと大きく捉えると
決して暴力はいけないという事
そこから生まれることは何も無いですからね
精神的な暴力も同じです
そこには「愛」はありません
2008-02-29 Fri 21:31 | URL | あんこあめ #-[ 内容変更] | top↑
こんばんは。

”愛情のお手本?”を素直に表現できる人間で在りたいと思うのです。
2008-02-29 Fri 21:45 | URL | Utsunomiya Sunny-Side Up #d4rFni6g[ 内容変更] | top↑
●やじゃくん

社会風潮も手伝ってますね。
交際がオープンではなく秘密裏におこなわれ
女性も男性も賢くならないと
簡単にだまされてしまう世の中です。
オレオレ詐欺なんて、一世紀前なら、だれも騙されなかったかも。

そんな世界です(>_<)
残念ながら 私たちはそういう世界の中で
賢く ゆるやかに しなやかに
賢明に生きていくしかないのです。
子どもの為に。
未来のために。
2008-02-29 Fri 22:23 | URL | Tomo. #-[ 内容変更] | top↑
●善仁くん

ほんとう、私もそう思ったよ(>_<)
言葉にならないです。
いろんなことがショックというか。
親が忙しくて色々面倒みれなかったり
気にかけなかったりしたことで
知らない間に子どもの心に傷がついたり。
一番怖いのは
自分が知らない間に加害者になっていることだと思います。

光の差さない世界は無いと信じている私ですが
心の世界はとても難しく
複雑なので
他人が言うほど簡単ではないのが現状で。
希望という水を与え続けていれれば
どんな時でも人間は蘇生できるのだと信じたい。

メディアは一場面しか見えないですけど
本当に心の底で訴えてる叫びに
耳を傾けて欲しい。
自分のことだけ考えてる世の中だから
寂しい人や 貧しい人が増えるのやと思います。
2008-02-29 Fri 22:27 | URL | Tomo. #-[ 内容変更] | top↑
●そらまめさん

>自分が一番好きな人が多いから?
本当、その通りやと思います。
大らかに考えたら解決できることも
いちいち重箱の隅をつつくように面倒で大きな問題にしてしまったり。
今の大人って変な人が多いです。

いい人もいっぱいいるのに
みんなが誤解を受けてもったいない(>_<)

心の奥底にある「孤独」と「欲望」に負けたとき
人は「暴力」に走るような気がします。
「ひとりよがり」が一番まわりに迷惑をかけると。
本人が気がつかないと、だめなんでしょうけどね。。。
子どもたちを守りたいですね。
自分の周りからでも。
少しずつでも(>_<)
2008-02-29 Fri 22:31 | URL | Tomo. #-[ 内容変更] | top↑
●天国さん

>話し合い
から逃げる人が多いですね(>_<)
「自分と考え方が違うから面倒くさい」って。
メールや文章なんかいくらでも書けるのに。
そんなところに本当の愛情なんか無いと知って欲しいですね。

チカラは弱いものを守るために使って欲しいと思います。
人間として生まれてきたのに
畜生より考え方が劣るのは うんざり。
”本能だけ”で生きてる人は きっと冷たい人
だと私はおもっています。
「思いやり」と「優しさ」が世界を変えると信じているのです。
2008-02-29 Fri 22:36 | URL | Tomo. #-[ 内容変更] | top↑
●あんこあめさん

それをうちの甥っ子野郎どもにも言ってやってください
(ーー;)
(こないだカカト落としをくらって眼がねが壊れました・涙)
そういうことを考えさせてくれるなら
教えてくれるなら
義務教育もまんざら捨てたものじゃないのですね~
うちは古風な家で
男の権力がすごい強いです。
こういう人とだけは一緒になりたくない!という半面教師にもなり。
「優しさ」を失うと人間社会は崩壊すると
私は思って危惧してしまいます。
2008-02-29 Fri 22:40 | URL | Tomo. #-[ 内容変更] | top↑
●Utunomiya sunny-side Up

そういう人が!!(>_<)
たくさん増えたら子どもは幸福やと思います!
暖かい光につつまれて子どもは成長すると思っているのです。
「見守る」ことが出来たら。
大人が素直になれば。
(「欲望」にではなく。)
「優しく」なれば(>_<)!!
2008-02-29 Fri 22:43 | URL | Tomo. #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| Tomo.の世界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。