お絵かきTomo.の まあるい日々。(・_・)ノ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
20110225
2011-02-25 Fri 05:51
20110225




ひとりごとを書きます。



実の妹が 虐待(なのかどうか)していて、子供が家出をしました。

その秘密を知っていた私は、子供を保護しました。

警察も出てきましたが、妹が言いくるめて、民事介入できなかったようです。

2週間の経過を経て 子供は家へ帰りました。



その2週間は、忍耐の一言に尽きます。

でも 勉強になりました。

子供は親をうつす鏡だと。



妹は私を馬鹿にし、軽んじ、一方的だと非難したり

自己中だと メールしてきました。

子供が 不登校で 不眠で。

おかしいだろう。病院へ連れて行けよって言いましたが 自分で何とかできると思い込んでいるようです。

ただ、悲しいのです。



いまも、眠れずに テレビの前に座って じっとしているであろう彼が。

よわい10歳にして 親の虐待を見せ付けてくれたということは、感謝すべきことではないだろうか。

自分の子育てが間違っていたと 確認させてくれる、その身をもって。


なのに。


私は子育ての本を 大量に送りました。

彼女が毒をもった親であること、私たちの両親もそうであること。

しかし。



彼女は私を馬鹿にしました。

子供が戻るまで、毎晩、電話してきました。

子供が彼女と電話したくない気持ちがわかる。

私も 彼女と話すとひどく疲れる。

彼女に自覚は無い。

ひらきなおる。



つける薬が無いのです。

馬鹿だから。



どんだけ救おうと努力しても 徒労だったようです。

大人同士の話し合いをしようとしましたが、逃げられました。

しかも、子供 を口実に。



いまも 彼は眠れず、不登校だそうです。

そうでしょう。

彼女と話すと疲れますから。


ちなみに、うちで 預かっていた2週間、彼は

「不眠?」と疑うほど、よく眠っていました。

ビデオを観てはよく笑い、自転車ででかけ、自分の子供の部分をのびのびと

表現していました。

夜寝て、朝起きて、遊んで、美味しいご飯を食べて。

彼が彼女と話して興奮して眠れないときは、一晩中話しました。

彼は言いました。


「こういう家がいいな」


せまくても 愛のあふれる自由な家は、子供には居心地のいいもの。

広くても、愛の無い、冷たい家は、子供には落ち着かない世界。


今回の徒労が 何かの役に立つと信じたい。


親元に帰った彼は、ますます世界を閉じ込められたようだ。

私との連絡を 禁止されたらしい。

学校が無いので、家という社会しかないのに、外の世界の自分の味方の人間に

コンタクトを取ることも許されないのだ。



おそろしい虐待である。

過干渉。

無責任。

子供はこれで自立するんだろうか?


子供は言った。

「自分が嫌い」

「自分にはいいところが少しも無い」

なんてかわいそうなんだろう。


そんなことはないんだよ、君にはこんなにいいところがあるし、できることも無限大にある。

可能性もある、と話した。

未来の楽しい話、現実の話、昔の怖い話。


そのどれもがいとおしい。

かわいい未来の子供に、自由を与えないなんてどうかしている。



「子供が居ない人にはわからないのよね」




そんなにえらいなら 不登校を治せよ。

そんなにえらいなら、子供は自信もって 安心して眠れるはずだろう。



うそばかり。

うそばかり。

人を見下して、子供まで 人を見下して。

それで、社会で適応できるわけがない。



ふと むなしさだけが 心を支配していく。



でも私はよくやった。

ツレも、ものすごくがんばった。

私たちは ひとりの人格を救うために 命がけで 全力で頑張ったのだ。



感謝されないのは、私たちの責任ではない。

彼女が幼稚なのだから仕方が無い。

対話に応じないのだから 仕方が無い。


子供を救いたい。

けれど、親が 毒だから もうどうしようもない。



いつか 未来に 彼が 本当の居心地のよさを思い出すように。

あの家を出て、普通の、社会に適応できる人間に 自立できますように。



助けて ほしかったら すぐ 呼んで。

でも呼ばないと、私は行動するわけにはいかないんだよ。

大人って、不便なんだ。














ひとりごとでした。







スポンサーサイト
別窓 | アート・セラピー | コメント:3 | トラックバック:0 |
ブルー・アイ
2010-11-05 Fri 23:28





怒っている夢を見るときがたまにあって。



専門家に聞くと それは現実の世界での不満が

キャリーオーバーになったときに 夢にもれだしてくるとのこと。

なにか不満があるんでしょう、と言われた。



ベストをつくしている中でのことだから

アイデアが出ない、と言われた。



不満を減らすこと、と注意される。

「警戒しといてください」。



絵のソフトがうまく使えないことや

絵が思うように描けないことも原因のひとつのようだ。



「とにかくあなたの場合は、絵さえ描けばなんとかなりますから。絵を描いてください。なるたけね」



そういうわけで、今日も久しぶりに喫茶店で絵を描いてきました。

年賀状のネタがまだ練れてないので

どうでもいい絵を描きましたが 気に入っています。



「絵を描けばなんとかなる」

っていうのは 非常に 恵まれているんだなぁと思います。

そういう方法さえ・もってない人もいるわけで。



今日、地震があったらしいですが

その時間、大きな荷物をいっぱい積んで、自転車をうんとこしょと漕いでいたので

まったく気がつきませんでした。



そんな11月。

月末に向かって、月が丸く なっていきます。

あまり寒くならないで欲しいなぁ。





別窓 | アート・セラピー | コメント:2 | トラックバック:0 |
ハッピー・パンプキン
2010-10-27 Wed 02:03
パンプキンNEW




トルストイの「イワンの馬鹿」を読みました。

知り合いのすすめで。

なんだろう、苦労した人が報われる、みたいな、働いている人だけが報われる、みたいな

そういう国のお話でした。いいなぁ。



自分もそういう国に生きてたら、残り物なんか食べさせられずに済んだと思います。



毎日、家のために家事をして

家族をいたわって やしなって(私は養ってないけど・未成年だったし)

そういう人が 幸福になる・・・・



理想的。

現実はそうではないのだろう。

現実は 「働いても働いても 我が暮らし楽にならず」 ってなもんで。



でもきっと 誰かが見てくれてる。

そう信じて。







またカボチャの絵を描いてしまいました。

描いては塗りつぶし、消しては塗り、の繰り返し。

好きなようにできました。


楽しいパンプキン。







本日はサイズ直しした指輪を受け取りに、と、

齢47歳にして 試験で100点を取ったツレのお祝いを。

ツレに言いたい「いつも・ありがとう」。



世界が ふたつに割れて 別々の世界に引き裂かれても

私たちはきっと心で つながってる。

そういう予感に支配されている今日このごろです。



別窓 | アート・セラピー | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Tomo.の世界 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。